ニキビの痕の治療にレーザーは有効!? ( posted on 10月 10th, 2017 )

ニキビの痕を無くす為にレーザー治療を考えている方も多くいるでしょう。
ニキビができてしまって、気になってしまって出来たニキビを頻繁に手で触ってしまったり、潰してしまったりしてしまうと、菌が増えてしまったり炎症が悪化してしまう可能性が高くなります。最悪、ニキビ痕として残ってしまったなんて状態ですね。

ニキビ痕でクレーターが出来てしまった場合は、目立たなくするために炭酸ガスのレーザーを皮膚に照射して、皮ふのデコボコの角を削ぎ落すという方法を行い、肌の再生を促すレーザー治療が有効な場合があります。
しかし、肌に負担を掛けますので、レーザー治療ありきで考えるのはやめましょう。

病院の皮膚科でニキビの相談を行ったりすることにより、肌のコンディションを確認しながら最も負担の少ない治療方法を選択することが重要です。

ニキビ痕が出来てしまうと、ビタミンC誘導体など肌の再生に有効と言われる成分を配合した化粧品などで根気よくお手入れを続けていくことが必要になります。
しかし、自分で何とかしようとしても効果がすぐに現れない為に、本当に治るのか?と長続きしない場合が多いでしょう。

しっかりとニキビ痕を治療していく為にも、皮膚科のような専門的知識とアドバイスをくれる場所で相談することが重要です。
その中で、専門医がレーザー治療を有効と判断する肌のコンディションの場合はレーザー治療が有効となります。
これは、素人がいくら考えても自分のニキビ痕の状態がレーザー治療に有効かなんてわかりませんので、迷っているのでしたら専門医へ早めに相談です。
遅くなればなるほど肌のダメージが増えていってしまい治療が困難になって行く可能性がありますので注意して下さい。

メルシアン 口コミ

COMMENTS: Comments Closed

Categories: ニキビ

top