ニキビ・ニキビ跡を治す洗顔の重要性とは? ( user208 posted on 10月 15th, 2016 )

ニキビやニキビ跡を治すには、洗顔がとても大事になってきます。洗顔が重要なのは、ニキビができやすい肌の人は肌が弱っているからです。弱っている肌に間違った洗顔をすると益々肌の状態を悪化させることになるので、正しい洗顔をする必要があります。

正しい洗顔とはどういうものかというと、皮膚に必要な水分は残すようにすることです。そのため、洗顔の際は皮膚にあまり刺激を与えないようにしないといけません。まずぬるま湯で顔を先に少し洗うようにし、その後、手のひらでよく泡立ててから洗顔料を使用します。そして泡での洗顔が終了したら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。その後は、吸いとりのいいタオルを顔に押し当てるようにして擦らないようにして優しくぬぐいます。洗顔を毎日丁寧にすることはニキビの予防と改善につながります。ターンオーバーの周期である28日を過ぎてもニキビ跡がまったく改善されない場合は、色素沈着を起こしている可能性があるので、そうした時はスクラブ洗顔がおすすめです。色素沈着を起こしている古い角質を除去できるのでニキビ跡を改善できます。ライスフォースのアクポレス≪お試しスターターキット≫口コミと評判

COMMENTS: Comments Closed

Categories: ニキビ

top